洗濯機はどのタイプを選ぶか

家庭に必ず必要な家電にも色々ありますが、特に洗濯機は欠かせない存在となっています。
洗濯はほぼ毎日のように行いますし、衣類やタオルを清潔に保つにはなくてはならない大事な存在です。
日本で使われている洗濯機というと、長く縦型が利用されてきましたが、最近はドラム式の人気も高まっています。
ドラム式は水をかなり節水できますし、乾燥機能が優れていますので、乾燥機をよく利用されている場合にはこうしたタイプを選んでおくと良いでしょう。
そして水をあまり使わないので、泥汚れなどにはあまり向いていないようですので、汚れものが多く出る場合は縦型タイプのほうが良いかもしれません。
ドラム式と比べて水がたくさん必要というイメージもありますが、それだけに汚れ落ちも良いですし、最近はかなり節水できるタイプのものも登場しています。
乾燥機能が付いているものもありますが、縦型の場合はしわになりやすいので注意しましょう。
洗濯機は長期に利用していくものですから、失敗のないよう、それぞれの家庭に合ったタイプを選んでいきたいものです。

洗濯機の種類と選び方

洗濯機の種類は、洗濯と乾燥が合体した洗濯乾燥機や、全自動洗濯に風乾燥が付いている乾燥機付き洗濯、乾燥機能は一切ついていなく、洗濯から脱水までを自動で行う、全自動のタイプに分かれています。どのタイプにするか使い方や用途によって違い、その選び方はポイントがあります。洗濯中の動作や設置スペースによって、どのタイプが最適か考えて選ぶことです。そのポイントとして、まず扉の開閉は3種類のタイプがあり、上から洗濯ものを出し入れするトップオープンは、スペースを取りませんが、槽の底にある洗濯ものが少し取り出しにくいかもしれません。ドラム式がメインとなっているフロントオープンは、設置の全面にスペースが必要になります。斜めタイプは、それぞれの良い所をミックスしたスタイルになります。次に洗濯の容量も1日の洗濯物がどれぐらい出るか、家族構成を目安に選ぶのが一般的になります。それにドラム式にするか、タテ型式にするかも悩みますが、ドラム式は、衣類を上から落とし空気に触れやすいため、乾燥が得意で、乾燥機能を頻繁に使いたい人に向いているタイプになっています。タテ型式は、たくさんの水と洗剤を泡立てて、頑固な汚れもしっかり落としてくれるので、洗濯メインで使う人に向いているタイプになっています。その他にも選ぶポイントがあり、省エネや静音性、節電や節水などもしっかり事前にチェックしてから選ぶと、自分のニーズに合った洗濯機が見つかるのです。

recommend

オリジナルの販促品の注文
http://www.hansoku-station.jp/
こだわりの輸入レオタード
http://fairy-leotard.com/
シャンデリア等の照明器具
http://www.b-ism2.com/
表参道の美容院
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000191958/
札幌にて任意売却のサポート
http://www.sapporo-ninbai.jp/

最終更新日:2014/10/29